走る記録。とか

ランニング関係の備忘録が中心です。

第2回 Aso Round Trail(阿蘇ラウンドトレイル)109㎞D+5,000mに参加してきました。

第2回 Aso Round Trail(阿蘇ラウンドトレイル)に参加してきました。

もう終わってから2週間ほど経過し、若干忘れてしまっている気持ち、感覚もありますが、書き留めておこうと思います。

f:id:hatanaoh:20180526190626j:image

・参加するまで

一番は雑誌かネットかで、景色が抜群に良かった。信越五岳以外にも何か楽しいロングレースに出たいと思っており、ピッタリだった。

しかし、エントリー前、昨年10月に参加したハセツネでレース人生で初めてリタイアを覚悟するぐらい体がイってしまい、山に入ること、走ることの回数が減っていました。

そのハセツネはひどかった。暑いにもかかわらず、ちょっと飛ばし、8㎞程度で足が攣り、歩行困難に。平地を歩くだけでも攣り、思ったところに足を着地させることができずに転倒につぐ転倒。しまいには、転倒により飲み始めのペットボトルを谷に落としてしまうことに。ああという声。その状態でなんとか残り55㎞程度を歩き切り完走。14時間30分くらいだったか。という苦い思い出。

そのころまでには気持ちも回復しているだろうと思いエントリーすることに。

評判がいいため、エントリーできるか不安でしたが無事エントリー完了。

しかし、案の定全く山に入ることはなく、数えるほど。

11月にただの登山で愛宕山に登った。

4月上旬にハセツネ30kに参加した。32㎞、累積標高1,600m程度。

4月半ばに比叡山で走った。37㎞累積標高1,150m程度。

3回。少なすぎる。

月間走行距離も270㎞程度。でも2月に京都マラソン東京マラソンに2週連続でサブスリーを出していたので、行けるんじゃないかと思ってしまう。

ロングレースにもかかわらず、かなりの準備不足でレースへ。

 

・レースについて

7時スタート。始めは24時までにはゴールしたいと思い、最初の目標時間は17時間。

始めは快調に飛ばす。無理はせず、気持ちいいペースで。

最初のWS18.7㎞地点。調子は悪くはないが、この時点で空腹感が。今回は体調含めて準備が足りなかったか。今思えばカーボローディングが足りなかった。そして持ち込んだ食料もダメ。いつも持っていた空腹感を満たすスニッカーズブラックサンダーをもっていかなかった。空腹感はレースが進むにつれて回復せず、進行する一方だった。

しかし、この辺りの景色は最高で走っていて気持ちが良かった。

f:id:hatanaoh:20180526190728j:imagef:id:hatanaoh:20180526190741j:image

 

 

最初のAS23.9㎞を超えたところで、このレース最大の急登。角度45度くらいはあるんじゃないかと思った。ここで足が逝った。攣る直前。暑さもダメージとなり、30㎞手前で完全にエネルギー切れ。ここからは、ほぼ歩いてレースを展開することに。

 

次のAS38.2㎞。ここで10分程度のレストをとることに。おにぎりがあったので2つ食べるも、全く空腹感が満たされることはなく。水分で満たそうと思っても無駄だった。

ここからはあんまり記憶に残ることは少ない。

 

3つ目のAS50.7㎞では確か順位は40位くらいだった。つぶれててもなんとか上位には食い込めていると思い、頑張る。

 

ドロップバックがある4つ目のAS66.6㎞地点。体も限界に近く、20分程度のロングレスト。しかし、全く回復せず、引き続き歩き続ける。2~3㎞に1回、5分程度のレストをとるペース。レスト中に抜かれまくる。しょうがない。

 

次のWS74.1㎞地点でたしか19時頃になり、ここからライトをセット。この時点でほぼ24時までのゴールが不可能であることを確信。

そして、ここまでほぼすべてのASで一緒になっていた、トランスジャパン戦士の方から引き離されることに。あちらにとっては全く知らないと思うが、やっぱりすごい人と一緒に走れていたことを誇りに思う。

 

実はここからほぼ登りで、一番精神的にきつかったと思う。全くスピードが上がらず、1時間に4㎞ほどしか進めず。登りに差し掛かるごとに息が切れ、何度もレストをとらないと登れない状況。

 

日付を跨いで最後のAS97.7㎞に到着。あとはほぼ下り。

と思ったが、結構登りが多くて心が折れる。下りも下りでぬかるみ、急坂でロープを使わないと降りられない。足は結構残っていたが、精神的につらかった。

 

そして最後の俵山。力を振り絞り登り切り、しばらくしてからゴールの声が聞こえ、やっと安心。聞こえてからが長かったが、無事ゴール。

 

20時間55分。

順位は64位。

レース中盤からは20人ほどに抜かれたことに。思ったよりは抜かれていなかった。

最初の目標よりも4時間ほどの遅れ。悔しいが、これが実力でした。準備不足も含めてこれが実力。

もっと体調、食料の準備を整えるだけでも、もう少し楽しいレースができたと思う。

今度はしっかりとした準備をして参加したいと思う。

 

つらい時間が非常に長かったが、景色には癒され、満足度の高いレースだったと思う。

f:id:hatanaoh:20180526190820j:imagef:id:hatanaoh:20180526190826j:image

f:id:hatanaoh:20180526190831j:image

 

信越五岳トレイルランニングレース2017 ~パタゴニア CUP~ 110k(52kmに短縮)走りました。

信越五岳トレイルランニングレース2017 、110kにエントリーをして、走ってきました。

結果から言うと17位/606人とそこそこ満足でした。

昨年もこのレースに参加し、今までにない走りやすさから、次回も走りたいと思ってエントリーしました。

しかし、今年は台風直撃予報だったことから、52kmに短縮。

その発表があった瞬間相当萎えましたが、台風接近にもかかわらず、開催を決断してくれた開催の方々に感謝です。

走る我々よりも、開催の方々の方が悔しい思いをされたかと思います。

また来年こそ110kmを走るという楽しみを残してくれました。

 

〜大会までの準備〜

なんとなくこの3ヶ月くらいの準備を振り返ってみます。

今年の2月にフルマラソンでサブスリーを出せたので、ロードでのスピードを出す気が全くなくなり、5km/分前後のペースでしか走れませんでした。

8月半ばごろまでは、ペースは関係なくとりあえず月間300kmを意識して走っていましたが、疲れがたまって効率よく走れていないと思って、その意識はやめました。

今回のトレイルレースに向けては、やはり何回か山に入っていなければと思いましたが、実際は比叡山3回程度。ロードを含めて40kmくらいでしたが、トレイルは20kmくらい。しかも暑すぎたので、残り12kmくらいは毎回満身創痍。あまり満足した準備ができずに大会を迎えました。

 

〜装備〜

f:id:hatanaoh:20170918084005j:plain

いろいろ準備しましたが、当日はあまり雨も降らなそうだったので、上は半袖ボディスパッツのみでした。また、台風で風が強かったので、帽子はやめてヘッドバンドをしました。あとは必須装備品を持ってゴー。

 

〜レース中〜

5:30にスタート。

幸い雨は降っておらず、気温も低くない。太陽が出ないことを祈りスタート。

f:id:hatanaoh:20170918084329j:plain

f:id:hatanaoh:20170918084400j:plain

110kmが52kmになった瞬間、このレースはスピードレースに変わりました。

今年の春のハセツネ30kみたいな感じです。

110kmでゆっくり走るのがこのレースの楽しみなのに、スピードレースとなると、頑張らなくてはいけなくなりました。。

当日の朝、なぜかとても気持ち悪く、朝食がほとんど取れず、不安な中スタート。

 

○スタートから第1A

最初は少し登りがあるものの、ほぼフラットで走りやすいパート。

私は抜かれるよりも、抜きたいので、少し後ろから走り始めましたが、やはりみんな飛ばしている。キロ4分台前半で走っても中々追いつかない。最後の関川の川沿いの登りの体力を残すためにやや抑える。しかし、私も少し飛ばす。

ここで19km、1:31:14。

速すぎ?これ、ハーフマラソンでも100分くらいのペース。

ここからは斑尾山の登りスタート。

 

○第1Aから第2A

山道になり、走るパートではなくなりました。しかし、みんな急いでいる感がありました。息が上がって若干きつかった印象があります。

そしていつもの斑尾山のくだり。毎年ここは滑りまくる印象。

今回は滑りにくい靴を選んだことから、あまり滑らずに降りることができました。

しかし、ここのくだりは傾斜がきついものの、走れてしまい、スピードが出る。

体幹が足りないせいか、脇腹が痛くて抜かれまくった。体幹鍛えないとな、と思いました。(備忘録的に)

ここで24km、2:17:15。

ペーサー合流地点で人が多かったです。

このエイドではしっかり水分補給、バナナ補給してリスタート。

 

○第2Aから第3A

あまり印象にありませんが、地味な登りが多かったと思います。

コースを見ると、後半はほぼくだりでした。ここはキロ5分程度だったと思います。

関川に備え、若干抑えたと思います。

ここで37km、3:50:21。

第3エイドでは500mlくらい水分補給しました。結構水がギリギリでした。エイドが多いとはいえ、この日は水分が結構持っていかれてギリギリとなってしまいました。

○第3Aから第4A(黒姫、ゴール)

勝負の関川の登り。

やっぱりきつい。傾斜はそんなにないものの、地味にずっと登り。

GPSを見てみると7kmで100m。やはりそんなにないが、精神的にきつい。キロ6分程度で我慢して走る。みんな辛そうで、3人ほど抜けました。

ここをクリアすればあとは楽!と思っていましたが、まだ山道の登りがありました。

もうあと数キロ、と自分に言い聞かせ、押して行きました。

残り5km程度は緩やかな下り。最後の力を振り絞り、ゴール。

 

結果は5:19:59。順位は17位。

完走者606人だったので、上位3%くらいに入れました。

強い人が100mに流れたせいもあると思いますが、良かったです。

f:id:hatanaoh:20170918092206j:plain

 

○その他

靴は今回のために新調しましたが、ぶっつけ本番。走る前に履いた時のサイズはフィットしていましたが、この靴は横幅が広く、靴の中で足がぶれぶれでした。

もう少し紐をきつくしないといけないかもしれません。

泥道の下りは◎。

ホカの売りであるクッション性はあまり感じませんでした笑 20kmくらいで足の裏が痛くなりました。私個人の感想です。

また、今回はエイドでのコップがないために、クリーンカンティーンのコップが配られました。これは地味に嬉しかったです。

f:id:hatanaoh:20170918091915j:plain

距離が短くなったとはいえ、今回のレースは満足でした。

自分の力も精一杯出せたと思います。

運悪く2年連続で110kmでの開催が出来ませんでしたが、また来年楽しみにしております。

ちなみに100mのコースはとてもきつかったようです。

なので、私は来年も110kmでのエントリーをしようと思います。

運営の方々、久しぶりにお会いできた方々、ありがとうございました。

f:id:hatanaoh:20170918092305j:plain

第24回日本山岳耐久レース ハセツネに参加してきました。

10月9〜10日、第24回日本山岳耐久レース、ハセツネに参加してきました。
今回も備忘録を兼ねて、記録を残しておきます。
 
〈まえおき〉
4月のハセツネ30kに参加し、無事優先エントリー権を得ての出場。
今年、月間走行距離は平均で300kmくらい。
月に1〜2回は山に入っていました。メインは京都東山の比叡山〜北山が中心。
春までは六甲全山縦走45kmをよくしていました。自己ベストは7時間15分(3月)くらい。
9月に信越五岳110kmの短縮103kmを走り、ハセツネに臨みました。
 
〈準備〉
○からだ
山のトレーニング不足気味だったので、前の週末に京都の東山の比叡山から北山の夜泣峠まで、ロードを含めて45kmくらいを走りました。不安解消のためでしたが、走った時に信越五岳の疲れも若干残っていて、ちょっと後悔。。
そしていつも通り、レース3日前からは運動をせず、疲れを抜く。前日にカーボローディング。1日だけで効果あるかは不明ですが、自分にとってはこれで十分な気もします。
 
〈装備〉

f:id:hatanaoh:20161011224016j:plain

○栄養
今回のレースはエイドがないので、こんなに入らないんじゃないか?と思うくらい買い込み。
ジェル9個、アミノバイタルゼリー6個、パワーバー2本、CLIF BAR1本、Patagoniaの試供品1本、ウィダーのチョコっぽいバー2本、ウィダーインゼリー2個、塩熱サプリ24粒。
結果的には必要以上と思うくらいで大正解。最後は足りなくなると思いました。
残ったのはPatagoniaの試供品1本、ウィダーのチョコっぽいバー1本、アミノバイタルゼリー1個。
水分はフラスク0.5L×1本(アクエリアス)、ミネラルウォーターペットボトル0.5L、platypus1L、カルビスペットボトル0.5Lの計2.5L.。
 
○服装
上:アンダーアーマーのコンプレッションの半袖、ノースフェイスの半袖シャツ
下:アンダーアーマーのスパッツ、Patagonia strider pro shorts 5in
靴:tabioの五本指ソックス、inov-8レースウルトラ290
頭:patagonia duckbill cap、halo
防寒:アンダーアーマーのウインドブレーカー、Patagonia Houdini Jacket、Houdini pants、salomon手袋、Houdiniの手袋。
上下頭はもうこれで完成されています。
靴だけしっくりくるのが見つかりません。今回初めて使いましたが、途中ずっと足の裏が痛くなりました。そこの厚みが厚くないのかな?また色々と試したいです。
防寒もいつもこのくらい。いつも持っていっても使うことはありませんが、保険としては必要でしょう。夜は寒くなるという噂もあったので、Patagoniaのcapline3を持っていこうと思いましたが、結果的に言えば、置いていって正解でした。
防寒着には手をつけませんでした。
 
○その他
ヘッドライト、ハンドライト(ともにGENTOS、10時間使用可)
ハンドライトは有ったほうがいい。特に今回は夜ガスがすごかったので、ハンドライトがないと、視界が厳しかったと思います。
 
○心
3週間前の信越五岳を走る前より不安。
暑いのか寒いのか全く読めなかったため。あと、ナイトランは信越五岳のラスト1時間30分くらいの林道のみだったので、ナイトランのイメージが全く持てなかかったです。
不安は大きかったですが、それ以上に想定外の状況にもなりました。。
 
○目標タイム
昨年の氷ノ山75km、累積5,000mくらいを9時間50分で走れてたし、信越五岳の103km、累積4,000mくらいを13時間30分で走れていたので、あわよくばサブ10狙えるか?と思ってました。甘かったですね。
 
〈レース〉
遅くても11時間は狙えると思い、11時間台のプラカードに並びスタート。
山に入る前に渋滞にはまるのだけは避けたかったので、しょっぱなは飛ばしました。
4分/kmくらい。1kmくらいのところでちょっとだけ渋滞しましたが、それだけでした。

f:id:hatanaoh:20161011232230j:plain

今回は自分はいける、と自信過剰だったので、最初から飛ばす。登りも、前の人をどんどん抜かす。
しかし、開始5kmくらいで、このレースはいつものレースとちょっと違うぞ、と思い始めました。登りの勾配や長さが長いわけではない。けど、登って、すぐに下り、の繰り返し。気持ち良く走って回復できるパートが少なく、体力を奪われました。さらに蒸し暑く、汗の量が半端ない。足は元気でしたが、体調、水分が不安になりました。
景色も全くなく、同じようなパートの繰り返し。
20kmくらいで第一関門。この辺ですでに体力は限界。水分はなくなると身体的にも精神的にも辛くなるので、相当節約して飲みましたが、この地点で1Lを消費。
普段山に入る時はこれじゃ足りないですよね。持っていく量が少なかったか?でも、1.5Lの給水所まであと22kmくらいあるのに、このペースじゃヤバイ。。
ここで暗くなってきたので、初めてザックを降ろしてライトを出すのと同時に水分を入れ替え、パワーバーを補給。これが効きました。カロリーが高そうな味、食感。
それに加えて私の特効薬であるバンテリンを足に塗りたくり、リスタート。
この先、第二関門である給水所まではあんまり覚えていません。
 
第二関門で命の水。補給したのと同時に、カルビスを一気飲み。生き返りました。
あとはひたすら同じ感じで苦しい時間が続きました。
下りにビビって尻もちついてジェルが破裂してパンツがベトベトになったり、転んで手をついた衝撃で時計のストップボタンを押していたり。
あと覚えているのは、大岳山の下り?あたりが急な岩場で、しかも雨が降っていて怖かったです。
 
残り15kmくらいで、お店とかがあるところを通過したくらいで、急に元気になりました。少し登りはありましたが、ほとんどフラット、もしくは緩やかな下りでした。
このレースで、初めて気持ちよく走れたと思いました。
下りではありましたが、最後は長くてしんどかったですが、残り1kmくらいは4分/kmくらいのペースでフィニッシュ。
 
タイムは12時間20分16秒、男子総合213位でフィニッシュ。
 
サブ10とか思っていた自分がほんと恥ずかしいです。
ほんとに辛く、体力、脚力、栄養、練習を見直さなければ、と思いました。
今回、他のレースとは違って水分をいっぱい持っての走行でしたので、ザックが重く感じ、肩が痛くなりました。そういう練習も必要となってきますね。
アップダウンの連続する練習は、もっとしないとですね。
ジェル類は20個消費。後半、足りなくなってハンガーノックになると思いました。エイドのないロングレースは初めてだったので、エイドの大切さ、ありがたさを身にしみて感じました。
 
けど、ナイトランは案外きつくなかったです。むしろ、ちょっと楽しかったです。
 
走っている時は二度と出るか、と思っていましたが、終わってみると、これをどう改善しようか、と思っていました。おそらく来年もチャレンジするのでしょう。
サブ10、ぜひ達成してみたいものです。

f:id:hatanaoh:20161011232251j:plain

f:id:hatanaoh:20161011232600j:plain

信越五岳トレイルランニングレース2016 110k走りました。

2016年9月18日、信越五岳トレイルランニングレース2016 110kを走ってきました。

色々と思うところがあったので、書き留めておきます。

f:id:hatanaoh:20160921001525j:plain

今年の目標として照準を合わせていたこのレース。

この2ヶ月くらい、比叡山には何回か入っていたものの、六甲縦走が全くできなくて不安の中レースを迎えました。もしかしたら完走できないかも、とも思いました。

大会を迎える前に思ったのが、お金。ロングレースになればなるほど上がっていきますね。

エントリー26千円、宿泊費15千円、栄養4千円、交通費23千円(京都⇔飯山)で68千円。プラス装備の更新で20千円くらい。9万円くらいかけたことになります。簡単に出来るスポーツではないですね。しかもややMでないと出来ない。

 

前振りはこれくらいにして。

結果から言うと、110kmのコースが雨のために終盤が短縮され、103kmとなりましたが、13時間32分13秒で43位。出走700人、完走が多分420人位だから上位10%くらい。

結構こういうところが気になる。

トレランは距離と時間だけでは自分のレベルが測れませんが、順位とかで参考にはなります。もちろん大会によって強い人がどれだけいるか違いますが。。

今年は山に入る回数が減り、筋トレもしなくなりましたが、昨年出た斑尾50km、氷ノ山75kmも同じくらいの順位だったので、走力が落ちていないということでよし。

 

感想は、達成感はあったけど、これより距離を伸ばすのはしんどい。。という感じ。これをステップにすぐに100マイル、という思いにはなれませんでした。

雨で少々メンタルがやられたのと、林道で足を削られたのが大きい。ナイトランは最後10kmくらいでしたが、ガレ場を暗闇で走ることになるのはしんどい。あと、100マイルとかになると、さすがに寝ないと完走できませんが、止まったら体が冷えそうでいやだ。来月のハセツネ出てからまた気持ちが変わるでしょうが。。

けど心残りが3つあるので、来年是非リベンジしたい。

①晴れたコースを気持ちよく走りたい。泥、というか水たまり、川の中を走り続けたのでしんどかった。景色もほとんど楽しめなかった。

②110kmを走りたい。ラスボスの瑪瑙山をきちんと倒して完走したい。なので達成感が今ひとつ。

③女子1位には勝ちたかった。最後の8kmくらいで抜かれ、追い上げる気力がなかったのが悔しかった。しかも結果を見ると、10分くらい差がついた。40kmくらいからずっと一緒くらいだったのに。

そんな具合です。

 

装備について振り返り。

○栄養

ジェルを10個くらい、アミノバイタルゼリー4個、スニッカーズミニ3個、ウィダー1個(ドロップバックから)。あとはエイドでむしゃむしゃ。

ジェルを5、6個残しましたが、これでちょうど良かった。メンタル的にも余裕があったほうがいい。

○服

アンダーシャツにアンダーアーマーのコンプレッション半袖、下はトランクスサイズのスパッツ。服擦れはなしでした。

TシャツはTNF、パンツはpatagoniaのstrider pro shorts 5in.。パンツはこれが鉄板。サイズ感、ポケット等、わたし的にはこれがベスト。

○足

マメ対策にGURNY GOOを足の指、母子球付近に塗りたくり、五本指ソックス。

対策はいろいろあるようですが、わたしはこれで大丈夫でした。

幾度となく足が水たまりに浸かりましたが、数分経つだけで、濡れているのを忘れるほど。走った後も、足は全くふやけていませんでした。宣伝のようになりますが、こんなに効果を感じたのは初めて。マメのことが気にならないというのは素晴らしい。

f:id:hatanaoh:20160921001845j:plain

○靴

モントレイルのbajada Ⅱ。普段の山に入るのにはちょうどいいですが、すでに靴裏がすり減っていて、この日のようなドロドロのコースでは他の靴の方が良いかも。いっぱい滑った。転んだ。今度、靴選びは慎重にしたいです。

○ライト

ヘッドライトとハンドライトを持ちましたが、ハンドライトはあったほうがいい。気になるところが照らせるのがいい。自転車に付けているライトを手で持ちました。

○薬(バンテリン

バンテリンは私にとっては特効薬。足の痛いところに塗りたくれば、痛みが気にならなくなります。ちょうど良くヒリヒリして、痛みを忘れます。これで走り切れたと言っても過言ではない気がします。

装備についてはこれくらい。

 

 

コースについては、他に描いている人も多いので、特に詳しくは書きません。あんまり詳しく覚えてないものありますが。。

○地味な登り

38.5km地点の3Aから7〜8kmくらいの川沿いの地味な登り。200mくらい?ここで相当削られました。それまでは快走できましたが、ここからペースが落ちました。

こういう地味な登りとか、林道でもっと鍛えないとな、と思いました。

○ドロップバックポイント

私にしか当てはまらないかもしれませんが、ここで(63.1km地点の5A)休憩してしまうと、体が固まる。雨でTシャツが濡れていましたが、着替えてる時間が勿体無いし、逆に体が冷えそう。必要な荷物を最初からすべて入れて走ったほうが良い。入れ替えるもの慌ててしまう。2、3分くらいで何か食べてストレッチ+バンテリンで十分。

この日、10分くらい止まっていましたが、寒気がしてちょっと焦りました。なので、そこから走って早く体を温めようと思いました。

書きたいのはこれくらい。

 

トップレベルまではまだまだだなと思いつつも、距離感を感じられたのはいい刺激でした。強い人は学生時代に長距離をやっていたり、社会人で自衛隊、消防士みたいに仕事で鍛えているという人が多い。

大会では普段の生活で関わっている人とはできないレベルの話がいっぱいできていいですね。途中一緒だったり、同じくらいでゴールする人と大抵仲良くなる。

自分より変態な人もいっぱいいて、何か安心する。

今後、どう鍛えて強化しようっていうところも見えて来る。

残り10kmくらいまで一緒だった人はフルサブスリー、ウルトラサブテン達成してるみたいなので、私も頑張ればいけるのかな。と思ってきました。

 

ほどんど写真がなくてわかりづらいかもしれませんが、備忘録はこんな感じで。

3週間後、ハセツネチャレンジして、来年UTMF出られればいいですね。